Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
amazon
rakuten
楽天で探す
楽天市場
Recommend
ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉
ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉 (JUGEMレビュー »)
リチャード P. ファインマン, Richard P. Feynman, 大貫 昌子
Recommend
No Ordinary Genius: The Illustrated Richard Feynman
No Ordinary Genius: The Illustrated Richard Feynman (JUGEMレビュー »)
Richard Phillips Feynman, Christopher Sykes
写真多数、持っているだけで満足。↓はこの訳本
Recommend
ファインマンさんは超天才
ファインマンさんは超天才 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・サイクス, 大貫 昌子
絶版になっています。復刻コムで再販希望者募集中!ご協力を。
Recommend
ファインマンの手紙
ファインマンの手紙 (JUGEMレビュー »)
リチャード・ファインマン, ミッシェル・ファインマン, 渡会 圭子
筆まめな方でした。ファインマンファンなら必読。
Recommend
困ります、ファインマンさん
困ります、ファインマンさん (JUGEMレビュー »)
R.P. ファインマン, Richard P. Feynman, 大貫 昌子
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
Sponsored links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
福澤諭吉展に行きました

JUGEMテーマ:日記・一般
 福澤諭吉展図録

ようやく先週、福岡市美術館で開催中の「未来をひらく福澤諭吉展」に行って来ました。
すでに中盤を過ぎ平日昼間でしたので年配の方が多かったです。

写真は買ってきた図録。かなりな厚みで内容も詳しく、センスもよく、これで2,500円はお得感あり。それに表紙写真がお札のお顔ではなく青年諭吉だったのが良かった! 福澤さんは当時男子の平均が159cmだったのに170cm以上もあったのでパリやオランダで撮った写真は意外とカッコよいのです。

さて、展覧会ですが、第6部構成で、沢山の貴重な資料にじっくり見ていたら時間が足りなくて最後の門下生の美術コレクションが駆け足になりました。行かれる方はたっぷり時間を取って下さいね。

第1部で展示されていた福澤さんが使った机、食器、眼鏡、煙草盆、(股引も^^)・・・を実際見るとその存在を身近に感じます。福澤さんには9人(男4、女5)の子どもがいたのですが、男女の分け隔てなく家族の団欒を大切にし、子どもたちの家庭音楽会を開いたり、子どもにわかり易く物語りを書いてやったり(「ひびのをしえ」)、訪れた西欧の影響を受けたでしょうが、明治にあってこの家族像は本当に先進的だと思います。今の子育ての参考になりますね。
一緒に行った母は「あの時代に全て子どもが女でもちっとも構わない、なんていう考え方、ほとんど誰もしなかったはず。」と、驚いていましたが、本当に福澤さんは新しい男女感を先導した方でした。

私、心からこの展覧会で多くの方が改めて「福澤諭吉」に出会ってほしいなあと思うのです。
名前もお顔も有名で「学問のすすめ」も名前だけは知っていても、真に何を考え、何を説き、そして何を成したかは知らない方が多いと思います。
私はこの歳になってようやく「何故、学ばなければならないのか」の答を福澤さんから学びました。

最後に、図録にあるニューヨーク州立大学哲学科教授のデヴィッド・A・ディルワース氏のエッセイが、福澤諭吉が今の我々にどんな知恵を授けてくれているのか要約されていますので引用します。

先入観を持たずにすべてを学ぶこと、利点と不都合とを客観的に分析すること、自らの能力と弱点(とくに弱点)とをわきまえること、真の問題と真の危機を判断すること、良識を発揮すること、説明し、説得し、卑劣な行いで身を危うくすることを避け、一つの道を選び、それにひたすら従うこと。目指すは公共の利益であり、権利の獲得ではない。
posted by: プリン@わくパソ | 本・作家 | 22:34 | comments(0) | - |-
福澤諭吉展に行かなければ!
JUGEMテーマ:日記・一般


  未来をひらく福澤諭吉展 2009 東京,福岡,大阪
「日記を遡って書きまーす」と前エントリーで書きましたが、やはりなんだかタイミングがずれてしまうとダメですね。書けないわ。モゴモゴ
でもこれだけは言っておこう!東京旅はオフ会や友人との再会で私にとって本当に充実した時間でした。皆様、その節はありがとうございました。

 さて、(1/14)エントリに書いた「わくわく」は私の中で続いておりますが、待ちに待った福澤諭吉展が5月2日から福岡で開催中だというのにまだ行く時間がありません。早く行きたいよ〜。

 実は我が家はアントレプレナーシップ(簡単に言えば起業家精神)を大事に子育てをしてきたのですが、福澤諭吉という人は明治の時代にあって、正しくアントレプレナーだと思うのです。

例えば『学問のすゝめ』第五編に
「国の文明は上(かみ)政府より起こるべからず、下(しも)小民より生ずべからず、必ずその中間より興りて衆庶の向かうところを示し、政府と並び始めて成功を期すべきなり。・・・・」
とあります。
明治維新を成し遂げた後の日本に、この福澤先生の精神を受け継いだ多くの門下生が次々と企業を起こし、いわば日本の文明を押し進めてきたのですよね。
「何故、人が学問をしなければならないか」というと、それは「独立」できるから。人と人、人と国との関係、そして国家間でも、様々な災い(トラブル)は無智が引き起こすもの。「独立自尊」の精神こそが大切なのだ」というまとめは大雑把過ぎるかも知れませんが、福澤先生の言葉を展覧会に行き、もっともっと深く理解したいですー!

そういえば先々月かな、図書館で借りて『学問のすゝめ』の読み比べをしてみました。

↓こちらは購入するも原文で全てを理解できず・・・
学問のすすめ (岩波文庫)
学問のすすめ (岩波文庫)
福沢 諭吉

↓現代語訳でやっと理解。本は章題のつけ方が上手く、読みやすいです。
学問のすゝめ―人は、学び続けなければならない
学問のすゝめ―人は、学び続けなければならない
福沢 諭吉

↓2月に出版されたご活躍の斎藤孝さんの現代語訳。一番原文に忠実で、かつわかりやすい日本語と思いました。
学問のすすめ 現代語訳 (ちくま新書)
学問のすすめ 現代語訳 (ちくま新書)
福澤 諭吉

↓多少難しい言い回しの部分もありとは思いますが、十分に面白いです。
学問のすすめ (PHP文庫)
学問のすすめ (PHP文庫)
福沢 諭吉

↓『学問のすゝめ』が基礎編ならこちらは応用編。面白い!
福翁百話―高く評価される人の行動ルール
福翁百話―高く評価される人の行動ルール
福沢 諭吉

↓こちらも人となりが存分に書かれて参考になります。おすすめ。
福沢諭吉 国を支えて国を頼らず
福沢諭吉 国を支えて国を頼らず
北 康利

福澤諭吉展は東京から福岡、そして大阪の三都市だけです。是非、皆さん行くべし!
私も見に行きましたら感想を書きますね。
posted by: プリン@わくパソ | 本・作家 | 18:48 | comments(0) | - |-
教科書に載った小説
評価:
ポプラ社
¥ 1,365
(2008-04-24)
JUGEMテーマ:読書

 小学校から高校まで新しい教科書が配られると、真っ先に「国語」を読む方でした。いつも2,3個ぐっと来る話があって、気になると図書館で借りていました。
この本は、「バザールでござ〜る」とか私の好きな「だんご3兄弟」を作った佐藤雅彦さんが小説の面白さを堪能できる作品ばかりを教科書から集めたものです。
 バラエティに富んでいて一気に読めますが、私は吉村昭「少年の夏」、松下竜一「絵本」が余韻が強かったかな。
posted by: プリン@わくパソ | 本・作家 | 23:12 | comments(2) | trackbacks(0) |-
「イラクサ」 大人の貴女に!
評価:
新潮社
¥ 2,520
(2006-03-29)
 義父の初盆北京オリンピック、もうすぐある「体操のつどい」のダンス練習など、なんとなく気ぜわしく8月が過ぎてしました。予想に反して梅雨が長引かず突然、夏がやってきたように、秋も早かった! 残暑はありますが、昨年より1ヶ月は早い?秋の佇まいです。
 ところでお盆生まれの私、恥ずかしながらついに大台に乗りました。小さい頃からドジでもの忘れの多い私が、たいした事故にも合わず、ここまで無事生きてこられたと、心から周りの家族や皆さんに感謝する次第です。<(_ _)> どうぞ、これからも優しくサポートしてくださいね♪
 しかし、アラフィフ?は、しみじみと身体が変わってきたなあと思うわけで、鏡を見るたびに思い知るのです、「ハリと潤いがなければ肉が重力に従って落ちるのだ!」と。
誕生日がマドンナと2日違いですから、マドンナのあの努力を見習わねばと本気で思います。(半ば痛々しい気もするけれど)あ〜、やっぱりコアリズムを買ちゃおうかな〜悲しい

 前置きが長かったですね。
この本はこんな私のような十分な大人が読むとたいへんに胸にツンとくる短編集です。
作者アリス・マンローは1931年生まれで、この作品は多分最近のもの。私は表題の「イラクサ」と「恋占い」が好きでした。
 この本を手にとったきっかけはサラ・ポーリー監督の『アウェイ・フロム・ハー君を想う』(←クリック)原作「クマが山を越えてきた」ですが、結局、映画は観そこねちゃいました。
 
 裏表紙に書かれていた詩人の蜂飼 耳さんの書評が素敵なので引用します。

「アリス・マンローの短編は、心理の揺らぎに光をあて、
生きることの内と外に在るたいせつなものを汲み上げる。
答えを急いではならない、なぜなら、
いま目の前で起きている出来事のほんとうの意味は、
その場で明かされることはないのだからと、物語の底で静かに語る。
鋭くもあたたかい目線に貫かれた文章は、心の深部をさらりと撫でて、
伝える。毎日のあらゆる瞬間が特別だ、と。」

 翻訳調がほんの少し読みづらく感じる箇所があるのですが、おすすめ!
posted by: プリン@わくパソ | 本・作家 | 10:23 | comments(2) | trackbacks(0) |-
カイミジンコに聞いたこと
評価:
どうぶつ社
---
(2006-12)
JUGEMテーマ:読書


 最初に著者のまえがきを引用させていただきます。
この随筆集は二つの願望をもって書かれている。一つは子供のときに遊びの中で、大学では同僚や学生とともに、自然や専門のカイミジンコを観察したときの、その眼で世間を見たいという願望である。この眼は、突き詰めれば自然史科学の眼であり、学んで納得したものしか信用しないという素朴な経験主義の眼でもある。もう一つの願望は、随筆を書くにあたって、気持ちをできるだけ平易に伝達したいという願望である。これは願望というよりも高望みであって、自分にはどうにもならない側面ももっている。できあがったの随筆集を読み直してみたら、理屈っぽくって多少物好きな自分の性格が見え隠れしてきた。もうこの辺が引き時だろう。

 なんとなくネットで検索して知った本でしたが、この簡潔な文章を読んでこの本は読みたかったものだ!と直感しました。なぜなら、こういう「学んで納得したものしか信用しないという素朴な経験主義の眼」を持った科学者が、易しく書こうと努力された本は間違いがないということを知っているから。
 内容は古生物学者の花井哲郎先生がいろいろなところで書かれた随筆をまとめたもので、専門のお話だけでなく教授として学生たちを相手に考えたことや電車の中での風景から発想すること・・など多岐に渡っているのですが、とにかく驚くほど上手いです。簡潔でそこはかとないユーモアも感じさせる文章はなんとなく内田百里鮖廚さこさせたりして(でも花井先生はもっと謙虚ですけど)何度も繰り返し読んでしまいました。
 調べましたら花井先生は昨年の秋に83歳でご逝去なさったそうです。残念です、、先生のお話をもっと聞きたかったなー。
posted by: プリン@わくパソ | 本・作家 | 08:39 | comments(0) | trackbacks(0) |-
宇宙エレベーター
評価:
アニリール・セルカン
大和書房
¥ 2,100
(2006-06-22)
作者のアニリール・セルカンさんはドイツ生まれの国籍トルコの方。トルコ人初の宇宙飛行士候補に選ばれました。東大の研究室にいらして日本語に堪能で、この本は日本語で書かれています。ちなみにブログも更新中、本当にすごいお方なのにとてもフランクな印象。いいなあ。
 もちろん、物理の基礎的知識もない私が本の内容をすべて理解できるはずもないのですが、それでも難解な表現は全くありません。宇宙、次元、時間、歴史、原子の旅として自由に語られています。本当にわくわくします。シューメール語の石盤の話とか・・・etc.
 自殺や悲しい事件のニュースばかりの昨今ですが、日本の子どもたちに今必要なのはこういう話ではないかと思います。物理や自然科学の歴史を学べば、世の中で当たり前と言われていることも「非常識」な疑問、観察から発見、証明されたってことがわかります。私は子どもたちに例えば親や先生や友達から発せられる「○○するのは当たり前」というような言葉に悩むんじゃなく科学者たちのように「本当にそうなのか?」と自分でその答を追求していく(本質を考えていく)ことが大切だとわかってほしいのです。
日本人がたくさん宇宙に行っているのに、日本の教育でそういう物理や科学の視点があまりに重視されていない気がします。
子どもの身近なTV番組だっておバカなバラエティばかり、「スタートレック」や「宇宙家族ロビンソン」のような面白いドラマはありません。ゲームだってもっとSF的な視点で面白いものを作れないかしらと思います。
まず、この本を読まれてくださいな。わかっていただけると思います。
最後の「原子の旅」の章
 
人間の存在に何か特別な意味を見出すことが、あまり必要とは思えないし、全ては偶然の産物に過ぎない。
 ただ、永遠に終わらない原子の旅の、ひと時の乗り物になったに過ぎないのだ。

 私もセルカン氏と同様、私という原子の旅の最後で「楽しい旅だった」と言いたいと願っています。
posted by: プリン@わくパソ | 本・作家 | 19:35 | comments(2) | trackbacks(0) |-
風の谷のナウシカ7巻
評価:
宮崎 駿
徳間書店
¥ 2,780
(2003-10-31)
JUGEMテーマ:読書

 今月に入ってすぐに風邪をひいて1日寝込み、後は午前中レッスンしては午後、薬を飲んで寝るという生活で一週間。ひどい声になり皆さんにはご迷惑をかけてしまいました。
まだ咳が出ると苦しいですが、それでも元気になりました。
 さて、先日、偶然にTVでも放映がありましたが、この7巻、布団の中で読み終わりました。たらーっ
 実は5月初旬、就活を終えた息子がどさっと藤子F不二夫の初期短編集とナウシカを買ってきました。すでに読んでいるらしい漫画をまた買ってくるなんてそんなに良いの?と聞きましたら、映画は2巻目あたりまでで、この漫画はその後からがすごいのだ。語りたいので早く読めと言うのですね。娘も高校の時からすでに7,8回くらい読んでいるけれど、また読んでいる様子。
と、いうわけで読み始めたのはいいですが、細かく描き込まれている漫画、しかも紙質がざらざらしているので読むのが意外と辛くて1巻目以降そのままだったのです。
でも、読む気になったら面白くて一気でした。これは映画とは別もの、別次元の深みのあるSFです。ラストは私の予想どおりではなかったのですが、それは宮崎駿氏より私がちょっぴりオプティミストになったってことかな?
とにかく、ご一読おすすめ! 

posted by: プリン@わくパソ | 本・作家 | 13:41 | comments(0) | trackbacks(0) |-
私はこうして受付からCEOになった
評価:
カーリー・フィオリーナ
ダイヤモンド社
¥ 1,680
(2007-11-30)
 アメリカのパワフルな女性としてヒラリー・クリントンさんとカーリー・フィオリーナさんがすぐに思い浮かぶのですが(ヒラリーさんは最近ちょっと酷いことになっていますね・・ショック)やっと図書館のリクエスト本が届き読んでみました。
 原題は「Toufh Choices」。邦題を売りやすいものに変えたのが上手いといえば上手いのですが、その題名から受けるイメージとこの本は全く違います。
率直、簡潔な言葉でとにかく好感が持てます。 彼女が好んで使ったというダーウィンの「生き残るのは最も強い種でも最も賢い種でもない。最も変化に適応した種が生き残るのだ。」という言葉は私も好きです。
 
 印象に残ったのがリーダーとしての資質と仕事に関して
リーダーの資質は三つあるというのが私の持論である。第一は、人格。素直で勇気があること。第二は、能力。自分の強みを知り、それを生かせること。足りないところを知り、他人に任せたり、学習したりできること。第三は、協調性である。いつ助けが必要かを見越して手を差しのべること。広い人脈を持ち、進んで情報の共有ができること。誰でもいつでもどこでもリーダーになることは可能だが、言動が終始一貫していなければならない。リーダーはほかのリーダーを認め、支え、勇気づける。
 今の日本には国の未来を担うリーダーを育てていく機能が働いていない気がするなあ。
リーダーの仕事の一つは、組織の能力を客観的に評価することである。過小評価すれば、力は伸びない。過大評価すれば、挫折感を蔓延させる。それを見きわめたうえで必要なスキルを身につける機会を与え、少し上の目標を設定し、能力を伸ばし、自信を植えつけることが大切だ。「これはできない」と部下が言ったら、上司はその原因を考えなければならない。スキルや発想力が足りなければ、具体的にポイントを絞り、別のアプローチを示唆する、他のチャンスを与える、応援を頼むなどの対策を考える。大変だからと避けたがっている場合には、実行計画を見直して効率を上げるか、モチベーションを高める対策も考えるべきだろう。
 職場だけでなく学校でも家庭でもリーダーシップを持つ人を育てていく参考にしたい。

そして感銘を受けた言葉。
失敗は大いにありえるでしょう。でも失敗を恐れていたら何もできません。私たちの目標は、完全主義ではなく、進歩なのです。変化の速い今日の世界では、たとえ完璧でなくてもタイミングよく下され実行された決定は、遅すぎる決定に勝ると考えています。失敗からは学ぶことができます。ダウンしたら、立ち上がり、また戦えばいい。それが、チャンピオンのすることです。
 これから働く多くの若い人たちに一読をおすすめします。
posted by: プリン@わくパソ | 本・作家 | 18:05 | comments(2) | trackbacks(0) |-
稲造さんから諭吉さんへ
お久しぶりです!
寒くて寒くて、ほとんど外に出ずに過ごしているプリンです。とは言っても当地ではほとんど雪が降らないのですが、TVのニュースを見ては震えております。
 さて、昨年末から、ふいに「武士道」を読まなければと思いたった私ですが、アマゾンで購入したら間違って「新渡戸稲造論集」が届きました。これが、意外と面白く、ユーモアたっぷりのスピーチに非常に親近感を持ちました。そのまま現代にもあてはまるような教育論が書かれているのです。
新渡戸稲造論集 (岩波文庫 青 118-2)
新渡戸稲造論集 (岩波文庫 青 118-2)
新渡戸 稲造

続けて彼が影響を受けたという福沢諭吉の「福翁自伝」を読みましたら、いや〜、ハマりました。これは60歳の諭吉が速記者に口述筆記させたものを後で書き直したものですが、とにかく読みやすい。歴史オンチの私にあの明治維新の時代背景を生き生きとイメージさせてくれました。ファインマンさん以後、久々にその生き方に共感した方です。ユーモアがあり、権威を嫌う、教育者などこの二人には共通しているところが多々あるのですが、筆まめなところもそうですね。
新訂 福翁自伝 (岩波文庫)
新訂 福翁自伝 (岩波文庫)
富田 正文,福沢 諭吉

「学問のすすめ」は「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず・・」という言葉で有名ですが、実は諭吉さんは「と、言われているけれど、見渡せば人には格差があるじゃないか。その格差がなぜできたのか、それは学問のあるなしなのだ。」と言っているようなのです。しかもここでいう「学問」とは実学、つまり当時学ばれていた儒教ではなく、科学や歴史などの知識です。本当に今読んでも全く色褪せない言葉の数々(特に公務員、政治家批判、言葉を使ったコミュニケーションが大事とか)是非、まだの方はご一読をおすすめします!

学問のすすめ (岩波文庫)
学問のすすめ (岩波文庫)
福沢 諭吉

ipodで聴く学問のすすめ」←クリック!
なんと現代語訳のナレーションを無料提供しているサイトがありました!本を片手に聴くと内容がよくわかりますよ。(4編、17編あたりからどうぞ〜楽しい
posted by: プリン@わくパソ | 本・作家 | 22:32 | comments(4) | trackbacks(0) |-
大人の科学マガジンVol.17 テルミン (Gakken Mook)
評価:
大人の科学マガジン編集部
学習研究社
¥ 2,300
(2007-12-25)
 9月の終わりだかに発売されたことを数日後に知り、アマゾンが売り切れていたので楽天ブックスをのぞいたら、まだ注文可能だったので「ヤッター!」と即購入。
と、2日後、在庫がなく海外で作られるため入荷は12月とのメールあり。一気に気持ちが萎えて予約を取り消してしまいました。
 で、再度アマゾンに来てみたら、あらまあ12月〜1月の発売、今は予約中とあります。注文殺到しちゃったんでしょうね。学研も予想できなかったぐらい。で、予約しちゃおうかどうか、思案中なのです。
 お手ごろな値段だし、テルミンってどんなものか、一度は弾いてみたいじゃないですか。ただ手に入れた人の記事を読んでもチューニングが難しそうで。
自分へのクリスマスプレゼント(間に合うかな?)に買っちゃおうかな〜〜、すぐに壊しそうで、どうしようかな・・・。
学研の「科学」を小学校時代、毎月楽しみにしていた元子どもは悩むのであった。

 大人の科学 サイトはこちら 
テルミン博士の娘さんの弾く本物の音色はよろしいですな〜
posted by: プリン@わくパソ | 本・作家 | 19:03 | comments(0) | trackbacks(0) |-