Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
amazon
rakuten
楽天で探す
楽天市場
Recommend
ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉
ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉 (JUGEMレビュー »)
リチャード P. ファインマン, Richard P. Feynman, 大貫 昌子
Recommend
No Ordinary Genius: The Illustrated Richard Feynman
No Ordinary Genius: The Illustrated Richard Feynman (JUGEMレビュー »)
Richard Phillips Feynman, Christopher Sykes
写真多数、持っているだけで満足。↓はこの訳本
Recommend
ファインマンさんは超天才
ファインマンさんは超天才 (JUGEMレビュー »)
クリストファー・サイクス, 大貫 昌子
絶版になっています。復刻コムで再販希望者募集中!ご協力を。
Recommend
ファインマンの手紙
ファインマンの手紙 (JUGEMレビュー »)
リチャード・ファインマン, ミッシェル・ファインマン, 渡会 圭子
筆まめな方でした。ファインマンファンなら必読。
Recommend
困ります、ファインマンさん
困ります、ファインマンさん (JUGEMレビュー »)
R.P. ファインマン, Richard P. Feynman, 大貫 昌子
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
Sponsored links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
新年に
博多人形
 夫の里へ行ったり、本を読んだりネットから離れのんびりとしたお正月を過ごしていました。今日から始動ということで、遅まきながら・・

本年も「ファインマン通り」をどうぞよろしくお願い致します。

写真はUさんがくださった博多人形です。毎年、干支で作られるシリーズだそうで、童の顔がなんとも福福しくて愛らしいです。ありがとうございました。

 さて、年の始めにはやっぱり「ファインマン通り」らしく、私がいつも自分に自信がなくなったときに思い出すファインマンさんの言葉をご紹介します。

ノーベル賞を受賞した時、昔の教え子でありかつては朝永氏にも教わっていた学生がファインマンさんに祝辞を述べた手紙を書きました。それを読んだファインマンさんが今、どうしているのかと尋ねる手紙を送りましたが、その返事は「干渉理論と、乱流大気中の電磁波伝播への応用という、つまらない現実的な問題を研究している」というものでした。
それに対し出した手紙が以下です。

コウイチへ 
・・・・昔の担当教官から価値ある問題とはどういうものかについて、間違った考えを教わったらしいな。・・・略・・
科学において重要な問題とは、目の前に未解決のまま存在していて、解決に向かって少しでも前進する方法が見えている問題だ。僕からのアドバイスは、より易しく、そして君の言葉を借りるなら、よりつまらない問題に取り組みながら、どんなに取るに足らないものでもいいから、君が容易に解決できる問題を見つけることだ。たとえ君より能力の劣る同僚が考えている疑問に答えるだけでも、成功の喜びと、仲間を助ける喜びを味わえる。価値ある仕事について誤った考えを持ったことで、このような喜びを自分から奪ってしまってはいけない。

・・・中略・・・

 自分は名もない人間だと、君は書いていた。君の奥さんや子どもにとっては違う。すぐそばで働く同僚が君の研究室に入ってきたとき、簡単な質問に答えてやることができれば、その同僚にとって、ずっと名もない人間のままではないだろう。僕にとって君は名もなき存在ではない。自分自身にとって名もなき存在であり続けてはいけない。それは悲しすぎる。世界での自分の居場所を知り、自分自身を公正に評価しなさい。若いころの無邪気な理想や、師が理想とする姿を勝手につくりあげ、それにとらわれてはいけない。
 幸運と幸福を祈る。
 真心をこめて。
          リチャード・P・ファインマン
               「ファインマンの手紙」より
    
かつての私も自分自身の理想にとらわれ、また、誰かと比較し、自分をたいしたことのない人間だと思っていつも自分自身に不満でした。 
「師が理想とする姿を勝手につくりあげ・・・」の師を親と替えてもいいかも知れません。多感な時代を生きているかつての私のような若い人たちに是非、わかってもらいたい言葉です。
posted by: プリン@わくパソ | ファインマン | 13:56 | comments(2) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 13:56 | - | - |-
プリンさん、あけましておめでとうございます。

ファインマン先生のお言葉いいですね!
名もなき存在…について考えさせられました。

今年もよろしくおねがいいたします♪
| ガーベラ | 2008/01/10 7:27 PM |
おお!ガーベラさん 今日そちらに遊びに行ったばかりです。時間がなくご挨拶もせず失礼しました。<(_ _)>

こちらこそ、本年もよろしくお付き合いくださいませ。

それにしても、ブログ、すでにたくさん更新されて素晴らしい!スキーでの出来事、ハラハラしてしまいましたよ。
どうぞ、お気をつけくださいね。それから私は今だに新年のバーゲンに行ったことがないです。(^^ゞ

年末から福沢諭吉、新渡戸稲造、城山三郎に浸っていますよ。すごくいいです。いつか感想も書きたいのですが、ガーベラさんみたくすらすらいかないからなあ。
まあ、そんなわけで今だにカラマーゾフが終わらないです・・^^;。
| プリン | 2008/01/11 12:19 AM |









この記事のトラックバックURL
http://purinrin.jugem.jp/trackback/107
トラックバック